マーケティングのお話 その19

今回は「変化」のお話です。

前々回の「その17」でもお話ししましたが、
もう一度このテーマでお話ししてみたいと思います。

新型コロナウイルスの影響で、企業を取り巻く環境は一変しました。

「変化に対応できたものだけが生き残る」とよく言われていますが、
我々の周りでも、今までやってきた事業とは別の事業を始める企業様が増えてきています。

今までの事業の強みを活かして別の事業を展開する企業様や、
全くの異業種へチャレンジする企業様もいらっしゃいます。

どの企業様も共通しているのは、しっかりと現状分析ができていることと、
ビジョンを持っているということです。

企業の目的は「永続する事」と言われますが、
私はこの言葉には、働く従業員さんへの責任、お取引している企業様への責任、
社会、地域への責任が含まれての「永続」ということだと認識しています。

今の世の中は、外部環境の変化や、技術の進化、新サービス、商品がどんどん出てくる、
この変化スピードが物凄く早いです。

その中で企業が永続する為には、あらゆる情報に耳を傾け、調べ、ニーズ・シーズを読み解き、
自社の強みを活かしつつ柔軟に変化する必要があります。

営業活動でも同じことが言えて、この状況だからこそできることもあります。

私は営業なので、売上を上げるという役割があります。

「ガラパゴス化」しないように柔軟な頭を持ち、お客様のお役に立つ仕事創りをして行きます。

 

 

 

 

 

 

ではでは。

営業部 高林