今年は、閏(うるう)年。
2月が29日まであります。

この「閏」という文字。
なんで、門構えのなかに王がはいっているのでしょうね。

古代中国では、
常の月の一日には宗廟(そうびょう)にいる王が、
閏月の一日には門の内側にこもって政務を休んだ、
という儀礼があったそうです。
それで、それを表すのが、この閏という文字になったのです。

ですから、閏には、不正規なものから
①一年の日数、または月数が、きまった数からはみ出て平年より多いこと。
②正統でない天子の位。
という意味があります。
「正閏(せいじゅん)」というと、正統なものと正統でないものの意です。

閏の音読みは、
漢音でジュン、呉音でニン。
訓読みでは、うるうですが、
なぜ、うるうと読むのか、
これがおもしろいですね。

『広辞苑』によると、
「「潤」と書き誤ったところからの訓」とあります。
閏と潤を混同して「うるおう」という読みがなまったもの、
ということです。

デザイン部 中里

0