腕の見せ所!!

私の担当する封筒は様々な色の封筒を扱います。 今回は、紙の色と刷色の関係についてご説明致します。 同じ色のインクでも印刷する紙の色によって色の出かたが違ってきます。 紙は濃い色か暗い色、インクはうすい色か明るい色が影響が

真剣勝負。チーム晃南で目標必達!

やり切る覚悟、出来ていますか! おかげ様で、創業81周年を迎えさせて頂き、社員さん関係各位、皆様にご愛顧ご支援を頂き心より感謝しております。今期は、私が先頭に立ち悔しさを胸にピンチをチャンスに、不具合を改善し、何が何でも

第61期もあと1日

晃南印刷ファンの皆さま、いよいよ弊社の第61期もあと1日となりました。 「改革なくして“SINKA”なし 増収増益で情熱を持ち再スタート」の経営スローガンでスタートしたのは、2015年10月1日でした。 あっという間の一

いぶし銀の知恵

営業として第一線を離れて数年、事務所内での仕事が多くなり何かものなりない日々が続いています。 外回りと違い、体力勝負から知恵の勝負へ仕事が変化しています。 まだまだ、若い者には負けてられません いぶし銀のパワーを発揮して

“ヒアリング力”

私はデザインのお仕事をさせていただくようになって20年以上にもなりますが、やっと最近身に染みて感じることがあります。その一つは「デザイナーにとって一番大切なものは“ヒアリング力”」だということです。 これは、昨年「プリプ

衣料品の撮影

私が所属している「特販部」では、主に寝具店様のチラシ等を手掛けさせていただいており、時には衣料品の写真撮影などもさせていただいております。 私は、家の仕事はほとんどやらず、洗濯はもちろん、衣服をたたんだり、ましてや、アイ

文字のこころ

チラシを制作する際、色々なフォント“書体”を選びながら制作します。 見慣れたゴシック体から力強い筆文字まで多種多様なフォントがある中、今でも根強い人気があるのが、お客様自らの手で書かれた「手書き」によるチラシです。 フォ

記念事業

昨年から今年にかけて〇十周年記念誌の発行が増えています。 やはり手に取ってじっくりと過去の思いを振り返るには紙媒体としての記念誌が1番良い物かと 思います。新しい時代を重ねると共に、これからも末永く続いていくことでしょう