年齢と共に

さすがに60歳を越えたあたりからちょっとした物忘れが多くなりました。

例えば、朝、家を出た後にガス栓はちゃんと閉めたか?

茶の間の電気は消したか?などで、しばし不安になると家に戻って来たりしています。

しかし、若い頃に覚えた機械操作などはマニュアルなど見ずとも動かせたり、修理したり出来たりするものです。

いわゆる脳で覚えたのではなく体で覚えているため勝手に体が動いてしまうのです。多少の細かい所は忘れていたりしますが、操作しているうちに思い出して動かせるようになっています。

日常の些細な事は忘れてしまうのに苦労して覚えた事は忘れないのでしょうか?

これからは脳の活性化と共に体の活性化も図り、心身共に仕事に向き合って行きたいものです。

また、ベテラン社員として、私が持っている技術と経験を若い社員に継承し、品質を維持し続けられるように指導、教育していく所存ですので、引き続き晃南印刷をどうぞよろしくお願いいたします。

商品課 喜多さん