おもしろい素材の紙

どうぶつの糞から紙を作る、と聞いたらみなさんはどう感じますか?

私は以前名刺の台紙として、象の糞から作られた紙を使用したことがあります。
製造元は日本の企業ですが、スリランカの象の糞で現地の方が作っており、
「象と人間が共存する」というコンセプトのもとで発案されたもので、
紙自体はすこしざらついた、繊維が太めの和紙といった感じでした。
糞を殺菌して繊維だけ取り出し、そこに古紙を混ぜて作っているそうです。
手漉きでつくられていることもあり、
一つ一つに個性があって味のある風合いになっています。

もとが糞だけに、ちょっと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが
名刺などに使用して持ち歩くと、
「うん」がついたり、「うんき」が上がったりするかも?
手作りなので台紙としては少々お高い部類に入りますが、
なかなか面白い素材です。興味がある方はぜひお声掛けください。

デザイン部:りこピン