CMS

8月24日に自社にて、印刷コンサルタントの先生に教わりながら
CMS(カラーマネジメントシステム)を行いました。

CMSとは印刷物の色を一定の規格にあわせるための仕組みです。

校正紙と印刷物の色が違うなどの色再現のトラブルを防ぐためにも必要不可欠です。

印刷物の出力品質を一定に保つため、出力する機械同士
(インクジェットプリンタ、オンデマンド印刷機、オフセット印刷機)の発色を合わせる作業を
定期的に行うことで安定した印刷物をつくることができ、
それが会社の標準の色となります。

これからもお客様に安定した商品を届けられるよう技術向上し、全社を上げて取り組みます。

 

印刷課 小山