第10回栃木市西方文化祭記念公演

令和2年11月7日、栃木市西方文化祭記念コンサートに行ってきた。
コロナ禍のコンサートのため定員を大幅に抑制しソーシャルディスタンス!
入館時には体温測定! 手指の消毒を徹底!
さらに、チケットには氏名・連絡先を記入!!するなど、
まさに、コロナ感染予防対策に万全を期していた。
安全、安心して鑑賞できる環境になっている。

出演者は国内外でご活躍、大変人気のエレクトーン奏者倉沢大樹さん、
ヴァイオリニスト渡邊弘子さんのコンサート。
いずれも宇都宮市出身。これまた、県内出身者による感染予防対策だ。

第一部は、エレクトーン中心に演奏。
ディズニーメロディーに始まりカーペンターズやディスコ調の懐かしい名曲がつづき、
手拍子も起こり青春時代に戻ったかのようだった。

第二部は、ヴァイオリンとエレクトーンのコラボ。
幕が上がると同時に何と!!ツィゴイネルワイゼンの演奏。
お二人のこのコンサートにおける意気込みと演奏技術の高さを
その迫力で感じることができた。
それは、会場の空気が凛とし演奏後の拍手が物語っていた。
その後、美空ひばりメロディーは情感たっぷりの演奏でヴァイオリンの魅力を再発見。
一曲一曲が心に響きファンにとってはたまらない演奏だ。

エレクトーンとヴァイオリンのコラボがこんなにも素晴らしく、
心に癒しと活力を与えるものかと実感した。

コロナ禍真っ只中、心にやすらぎを得たコンサートでした。

彦座

0