作字をしているのです

年中問わず、制作するにあたり、人名というのは気を使う部分なのですが、
この時期は特に、人のお名前を扱うお仕事が多くあります。
卒業文集の名簿、年度末・年度始めの総会資料の会員名簿等。
同じ漢字でも、実はたくさん種類があること、ご存知ですか?

有名な異体字は、
『ワタナベ』さんの『ナベ』、『サイトウ』さんの『サイ』の字などがあります。
皆さんも思いつく限り紙に書き出してみてください。
渡辺、渡邉、渡邊…。
斉藤、斎藤、齋藤…。
実はこまか〜く違いがあります。
『ワタナベ』さんの『ナベ』をさらっとピックアップしてみました。下図参照。

いただいた原稿とにらめっこし、
これは一体どの漢字なのか…!?を字形リストから探し出します。

そして更に、パソコンの中に入っていない漢字というものも存在します。
そうした場合はどうするか?というと、図形のように制作します。
これを“作字”と呼んでいます。
例えば『美花』さんという女性がいたとして、
「私の『花』はハネないのよ」と言われた場合、ハネない花の字を作ります。下図参照。

 

どうやって作るのかというと…これは長くなるのでまたの機会に。
皆さんの身近にも、実は特別な漢字の方もいるかもしれません。
お名前を書く時には、ぜひ気にしてみてくださいませ。

デザイン部 かっしー

0