最先端のホログラム

世界初導入、偽造防止対策で新紙幣

・2024年度上期をめどに発行される新紙幣、私たち印刷人としてとても興味深いところですので少し調べてみました。

一万円札・・・渋沢栄一

五千円札・・・津田梅子

千円札・・・北里柴三郎

1、刷新される肖像画の選考理由とは?

銀行や病院を始めとした現代にいまだ残る多くの大企業の設立に関わった人物だから・・・とされます。

2、新紙幣(日本銀行券)を印刷している場所は?

国立印刷局という独立行政法人が作っており全国4か所の工場で印刷されています。

東京、小田原、静岡、彦根

3、新紙幣の印刷効果は?

基本的に紙幣の偽造防止が主目的

・偽造防止対策としては見る角度によって肖像画の3D画像の向きが変わっても見えるという最先端のホログラムを世界で初めて紙幣に導入、光に透かすと模様が浮かび上がる「すき入れ」についても従来より高精細な模様を導入。記番号も9桁から10桁に増やして数字も大型化されます。

外国紙幣のような感じがしてとても楽しみです。自社でも色々な印刷物を作っていますが、お札の様な高い技術やノウハウに近づける様努力し良い製品作りに努めてまいります。

印刷課 M.K