校正ノートはすごい!

毎月発行される校正ノートを毎回楽しみにしている。

言葉の語源、字の成り立ち、間違いやすい漢字、漢字の読み方など改めて納得するものが多々あり、言葉の再発見の場となっている。

以前読んだ中国歴史小説で、商人の語源ははるか3500年前の商の時代の商人(しょうひと)に由来するとあった。
商人が物を各地にうごかすことをはじめたので、交易をなりわいとする人々は商人(しょうにん)と呼ばれるようになったとのこと。
このように言葉の由来を知ると、言葉がもつ面白さと先人が築き上げた歴史を感じる。

総務部/彦左衛門

【宮城谷昌光著 奇貨居くべし】

【宮城谷昌光著 奇貨居くべし】