本のしおりについて

昔ほどではないですが、本を読むのは嫌いではないので書店にいっておもしろそうな本を物色したりするのです。
ネットで注文するより書店で自分の目についた本を手に取った際に、つい目次や奥付の体裁やレイアウト、あるいは表紙のデザイン等に目がいってしまいます。

購入するときは、本のしおりも一緒に貰うようにしています。
しおりも昔はサイズから形の違う…など、豊富にレジの所に置いてありました。
今は形もサイズも一定なものも多く、広告もアニメやオンラインゲームなどのしおりの種類も減っているのを見ると、しおりを広告宣伝に使うのはいつまでなのかなと感じました。

次回は昔の変わった本のしおりについて

プリプレス部/kuni