「良い睡眠」の“基”「体圧分散」

 

 

 

皆様、如何お過ごしですか?
睡眠はしっかりとれていますでしょうか?
今回は、「良い睡眠」の“基”と言われている「体圧分散」について述べさせていただきます。

人の体は部位によって重さが違うため、横になった時に、
その部位ごとに荷重が掛かる度合いも違います。
その度合いが違う荷重をバランスよく分散させることを「体圧分散」と言います。
良い睡眠の秘訣は、この「体圧分散」がうまくいっているかどうかが鍵になります。
「体圧分散」がうまくいっていると理想の「寝姿勢」が保て、良い睡眠につながります。

柔らかすぎる敷き寝具を使っていると、腰が沈み込み過ぎたり、
また、硬すぎる敷き寝具を使っていると、肩やお尻などだけで体を支えることになり、
理想の「寝姿勢」が保てず、腰痛・肩コリ、頭痛などにつながることがあります。

そこで、私共のクライアント様でもあります、西川株式会社様の敷き寝具
[エアー]がおすすめ。
[エアー]は、体のラインに合わせてなめらかにフィットするよう、
クッション性に優れたウレタン素材の表面を凹凸構造にし、
さらにベース部が体をしっかりと受け止めて自然な寝姿勢をキープする構造になっています。

詳しくは西川様の公式オンラインショップ
https://shop.nishikawa1566.com/shop/r/rairまで。

冬は、睡眠時間が長くなるとも言われています。
ぜひ、この冬は西川様の“快眠寝具”でぐっすりと眠っていただくことをおすすめいたします。

デザイン部 Shirohi