「70年の時空を超えて
 百通のラブレター」続編

卒寿を迎えた義母が70年前に義父からもらったラブレターを
1冊の本に編集、出版することができました。
原文を文字入力をして頂いた義姉妹、社内の制作メンバーに大感謝です。

電話もFAXもメールも携帯もなく、想いを手紙に託すしかすべがなかった時代・・・
手紙の原文を読むと義母を思う気持ちが行間から溢れています。
今では携帯電話で想いを伝えることは簡単です。

この本を通して義父には自分の思いを反芻して手紙に託すことの大切さを
教えてもらいました。

この本の出版を誰より喜んでくれているのは、天国の義父かもしれません。
読み終えて我が家のファミリーヒストリーの一幕を見たようです。
家族にとって、この本はかけがえのない宝物になるでしょう。

9月3日付下野新聞に記事を掲載して頂き、お問い合わせを多数頂きました。
個人情報の関係で、閲覧希望となり遠方の方々には、大変ご無礼しました。
紙面をお借りして、心よりお詫び申し上げます。

ヤフーニュース・下野新聞HPにも掲載して頂きました。
『時空超え、100通のラブレター 一冊に 鹿沼の阿部さん』
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/496346

お作りしませんか?
家族の思いが詰まった、そして家族のきずなが深まる自分史を!

総務部 くろ