レジ袋有料化

今年7月からプラスチック製レジ袋の有料化が小売店に義務付けられました。
プラスチックゴミによる海洋汚染などが問題になる中で、
プラスチックに依存した生活を見直してもらうことが狙いとされています。

自分自身、毎日の様にコンビニを利用しますが、レジ袋は買ってしまいます。
なかなか食べ物などは後の処理を考えるとマイバッグは使わないですね。
でもスーパーや生活用品の買い物をするときはマイバッグを使用するようにしています。

レジ袋を今までゴミ袋等として使っていて現状なくなると、
レジ袋自体を購入することとなり再利用という形から袋の入手方法が変わっただけで、
あまり減ってないようにも思いますが、様々な考え方があるのでなんとも言えません。
ですが、目的は環境問題解決の「きっかけ」となることで、
一人一人の取り組みが大切だと思います。
ついつい便利さを優先してしまいますが、
ゴミ問題に関心を持って少しでもゴミを減らせるよう生活していきます。

弊社でも、レジ袋を取り扱い商品として扱っております。
石油製品でなく、地球環境にやさしいバイオマスレジ袋等もありますので、
この機会にお問合せをお待ちしております。

印刷課 M.K

0