「品質管理」「品質保証」

現状、新型コロナウイルス感染により大変な状況が続いております。

今後、様々な企業に影響がさらに出る事が予想されます。

我々製造業としても氣を引き締めて仕事に取り組まなくてはなりません。

そこで改めて品質管理、品質保証の意味を考えてみました。

 

「品質管理」 とは、
主に製品を製造する工場において不良品が出ない様にあらかじめ品質の管理をする事。
以前は製品の最終検査を行うのが品質管理でしたが、現在では検査に加えて、
事前に不良品が出ない為に工程の見直しや、改善を七つ道具などの技法を使って行っています。

「品質保証」 とは、
自社製品を保ちさらにお客様からの意見を聞く事で今後の品質改善に役立て、
その為に商品の企画開発の段階から製造、出荷、販売のすべての工程に
かかわることになります。
品質管理が製造のサポート的な役割が大きい一方、
品質保証は製品が実際に作られる前からお客様の手に渡った後まで
品質を保証しなければなりません。

 

以上それぞれの役割だけでなく、お互いが融合して、良い物づくりが出来ます。

今こんな時期だからこそ、改めて見直し改善して、
お客様がご満足できる対応を確実にして参ります。

 

印刷課 M.K

0