デザインその昔 その2

前回までのあらすじ・・・

デザインその昔

と・・・いう事で^^

パソコンのない時代に印刷物には欠かせない文字情報は写植(写真植字)という作業で行われていました。

DSC_8479aこれが写植に使用されていた文字盤です!

この中から1文字1文字、写真を撮る様に写植機で印画紙に焼き付けていました。もう職人さんの世界ですよ!文字の配列にも工夫があるようです。当社にも数台の写植機がありました。

印画紙に焼き付けた文字は取り返しが出来ませんので、間違った場合は切り張りして修正していましたね。まさに、ハサミ・カッター・のりは必需品!

次回は印刷レイアウトの元となる“版下”をご紹介いたします。

特販部/小島