奥の深いインキの特性

3月に入り少しずつ春が近づいてるのが感じられる今日この頃です。

我が家の庭先では、水仙の花が咲き始め、木の芽も膨らんで暖かくなるのが楽しみです。

 

さて、私が毎日使用している印刷インキを紹介します。

今回はオフセットインキで自社で使用している物を上げてみます。

1 カラー用インキ(セットインキ)と言います。

1) 黄、紅、藍、墨と基本的に4色で写真は4色分解され、網点の重なりで色が出ます。

★MKインキ・・・機上では乾かず紙に印刷されると乾燥

★SPDインキ速乾性インキ・・・より早い乾燥

2 中間色・・・インキメーカーで作られている既製品(赤、青、緑)

3 不変色インキ・・・ポスター用インキ(紫外線に強い物)
★【印刷用紙によってのインキ量の違い】
コート紙(光沢のある紙)発色が綺麗で乾燥が早い
上質紙 (つやの無い紙)色がしずみやすくインキ量も多く使用し乾燥も遅くなります。

4 特色・・・既製品以外のインキ。あらゆる色を出します
★特色の場合は時間、費用、インキと通常の印刷より作業工程が多い分費用が高くなります。

以上、簡単に分別しましたが、私の担当する仕事はたくさんの色を
使っての仕事なのでとてもやりがいがあります。
早く、正確に、綺麗にをモットーに頑張っています。

お客様に喜んで貰えるよう工夫、改善をして良い商品作りをしていきます。

 

印刷部 M.K