ドメインの意味…

20161014-2

どうも、こんにちは。
今回は【.com】や【.co.jp】などの、みなさんが『見たこと、聞いたことある』『使ってみたい』ドメインの意味を簡単にご紹介します。

.com(gTLD ドメイン)
Commercialの略で商用向けのドメイン。最も登録数の多いドメインです。
読みが【どっと混む】に通じると日本では特に人気ですね。
個人・法人の商用サイトに適しています。
※Companyの略と間違っている方も割りと多いですね。

.net(gTLD ドメイン)
ネットショップやインターネット関連の情報を取り扱うサイトが多く使っているドメインですね。

.org(gTLD ドメイン)
非営利組織向けのドメイン。…ではありますが、登録者となる組織等の制限は特に設けられていません。

.biz(gTLD ドメイン)
2001年に施行されたBusinessを略したドメイン。ビジネスや商用目的に特化したドメインネームでしょう。

.info(gTLD ドメイン)
Informationを意味するドメイン。【.biz】ドメインと同じく2001年に登録が開始。キャンペーン情報やニュース情報などの情報発信をするサイトにいかがでしょう。

gTLD ドメインは、基本的に世界の誰もが登録出来るドメインですよ!

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

.jp(ccTLD ドメイン)
日本に割り当てられた国別トップレベルドメイン。多くの企業が利用しています。国内に常設の連絡先を持っていれば誰でも登録ができます。

.co.jp(ccTLD ドメイン)
日本で登記された会社だけしか登録できない「日本企業限定」の国別トップレベルドメイン。
「法人であること」「1組織(法人)につき1ドメインのみ」といった条件が設けられています。
日本企業の90%以上が利用しています。
登録には会社の登記情報(登記簿の写し)が必要

ちょっと変わり種?
.bz(ccTLD ドメイン)
本来は中南米にあるベリーズの国別トップレベルドメイン。
bzという文字は、Businessを連想させることができる…ということで【.biz】ではなく、こちらを選ぶ企業さんも増えてきているそうです。

♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠

gTLD ドメインとは
Generic Top Level Domain:分野別トップレベルドメイン】の略。
特定の領域・分野ごとに割り当てられたトップレベルドメイン。
一般的に地理的制限なしに世界のどこからでも登録することが可能なドメイン。

ccTLD ドメインとは
Country Code Top Level Domain:国別トップレベルドメイン】の略。
国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン。
ISO 3166-1のカントリーコード(2文字)に基づいて割り当てられています。
例:【.us=アメリカ合衆国】【.fr=フランス】【.ca=カナダ】【.au=オーストラリア】……

3166-1のカントリーコードとは
ISO 3166は国名や行政区画・属領を表すコードの国際規格。
国名を表すISO 3166-1、各国の行政区画・属領名を表すISO 3166-2、旧国名を表すISO 3166-3の3つで構成されています。

ちなみにワタシのプライベート・サイトは【.com】ドメイン。
2000年に取得して、ず〜〜〜っと使ってます。

企画開発室/矢口