弥生 、三月。もうすぐ春の声!

弥生、三月 弥生の「弥」はいよいよ・ますます、「生」は草木が芽吹く 弥生とは草木がだんだん芽吹く時期をさす言葉だそうです。 先日、幼なじみの友が茨城から種から発芽させた ネモフィラの苗を持って来てくれました。 休日にその

桃の節句

今日3月3日は、ひな祭り。 女の子のすこやかな成長と建康を願う日です。 この日は五節句※の一つで上巳(じょうし)と言い、 元々は陰暦三月初めの巳(み)の日に祝いましたが、 後に3月3日になったと言われています。 ※五節句

謹んで新春のご挨拶を申し上げます

ありがとうございます。 皆々様のご愛顧とご支援を頂きながら、 おかげ様で創業86周年を迎えることが出来ました。 社員一同心より感謝しております。 お客様が喜ぶことや問題点に耳を傾け、 “問題解決”をカタチに、 “商売繁盛
,

今日は一粒万倍日、だけど…

暦には、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六曜、 正月7日(人日)・3月3日(上巳)・5月5日(端午)・ 7月7日(七夕)・9月9日(重陽)の五節句、 節分・八十八夜・入梅・半夏生・二百十日・土用・彼岸・社日などの雑節

処暑からの七十二候

二十四節気では、8月7日(金)に立秋となり、 暦上秋となっていますが、 体感的には涼風を感ずることなく、 暑苦しい日々が続いています。 8月23日(日)は処暑。 秋が立ち、暑さが収まるのがこの頃ということですが…。 9月

マスクあれこれ

新型コロナウイルスがはやり始めて程なく マスクが店頭から消えました。 マスクが日常生活から手放せなくなったことで ならば自分で作ろうということに…。 当面自作のマスクでしのごうとしている時に 知人からマスクを譲って頂くこ
,

小満

明後日5月20日(水)は、二十四節気の「小満(しょうまん)」です。 小満とは、草木が茂って周囲に満ち始めるという意味で、 あらゆる命が育っていく時期を表しています。 江戸時代の暦の解説書である「暦便覧」には、 「万物盈満