久しぶりなのにこんな話…

前回のエントリーが1月4日………。とてつもなく間が空いてしまいました。

この7ヶ月、何をしていたのでしょうか?
走ったり、転けたり、泣いたり、笑ったりと広〜〜〜い意味で充実しておりました。
10月で定年を迎えるわけでして、残るか去るか、跡継ぎを誰にするか…なんてことが大きな【事態】でありました。

さてさて……

我らがAppleを偽ったメールが暴れております。

私に届いた偽メールの件名は以下の3つ。

  • 【あなたのアカウントは一時的に無効になっています】
  • 【You have a new internal e-mail】
  • 【You have a new message from Apple iTunes】

他にもあったかもしれませんが、失念…

怪しさを醸し出す要素は

  • Apple公式から送られて来るメールのドメインは原則 “@apple.com” なんだけど
  • 宛先欄はApple IDとして登録しているユーザ自身のメールアドレス、または当人の名前…なんだけど
  • 英語のメールでは “Dear Makoto Yaguchi” あるいは “Dear 真矢口” のようにApple IDに登録されている氏名に続いて本文…なんだけど

怪しいメールへの対応は…

受信しただけなら問題は起こらないので破棄
本文内記載のリンクをクリックしない
本文内記載のURLにアクセスしない
間違って本文内のリンクをクリックしてしまっても、表示されたWebページで絶対にIDやパスワードを入力しない

久しぶりのエントリーがこんなんでごめんなさい。

Webフォント…やっぱり

12/17のエントリーで囁いた通り【Google Fonts + 日本語】でやってしまった(正確にはお試し中)。

使っているのは【さわらび明朝】。エントリー本文では読みやすい。見出しは要検討かな?

自宅のMac mini (Mid 2010)。入替え妄想遊び(欲望)が再燃。

Fusion Driveとフラッシュストレージ、どちらにしようか?
メモリは8GBか、やっぱ16GBにすべきか??

楽しく模索中。

来年2月にはムスメ用のMacBook Proのローンが終わるので、ついついこういうお遊び(欲望)をしてしまうオジサンであります。

ロシアから愛をこめて…?

これだけ【検索で上位に!上位に!!】が騒がれている(いや、悪いことではないですよ…)と【Googleアナリティクス】でのアクセス解析は当たり前。

その【Googleアナリティクス】を悪用しての【リファラースパム】が後を絶たない状況。

特にロシアから大量にやってきております。

続きを読む

Webフォント(覚書)

Freeフォント(オープンソースフォント)を使ってWebフォント化するときの為の覚書。

Webフォントとして使える【フォント形式】とブラウザの【対応】の覚書。

最近のブラウザだと【OTF】と【WOFF】を準備すればよろしいようですが、念のため…

ttfotfeotwoffsvg
IE 4〜××××
IE 9〜×××
Firefox 3.5~×××
Firefox 3.6~××
Chrome 4~××
Chrome 6~×
Safari 3.1~××
Safari 5.1~×
Opera 10~××
Opera 11.10~×
iOS 4.0~××××
iOS 4.2~××
iOS 5.0~×
Android 2.2~×××
Android 4.4~××

参考
materialize.jp

実際には【Google Fonts + 日本語】でやる可能性が大。