Freeフォント(オープンソースフォント)を使ってWebフォント化するときの為の覚書。

Webフォントとして使える【フォント形式】とブラウザの【対応】の覚書。

最近のブラウザだと【OTF】と【WOFF】を準備すればよろしいようですが、念のため…

ttfotfeotwoffsvg
IE 4〜××××
IE 9〜×××
Firefox 3.5~×××
Firefox 3.6~××
Chrome 4~××
Chrome 6~×
Safari 3.1~××
Safari 5.1~×
Opera 10~××
Opera 11.10~×
iOS 4.0~××××
iOS 4.2~××
iOS 5.0~×
Android 2.2~×××
Android 4.4~××

参考
materialize.jp

実際には【Google Fonts + 日本語】でやる可能性が大。

コメントを残す

*