,

新デザイン部!

今期から、デザイン部が新しくなりました! 寝具専門だった特販部制作とデザイン部が合体し、デザイン部となりました。 さてここで、皆さんは特販部制作とデザイン部は何が違うの?と疑問が湧くことでしょう。 そして晃南印刷のデザイ

書体の視認性

道路によくある交通標識の数字、最高速度の50の数字や最低速度の30の数字が良くできていると感じます。 もう少し細いと分かりづらいし、逆にもう少し太くても良いとも思いますが、遠くから見ると潰れてしまうからこの位が良いのでし

小さな楽しみ

皆さんこんにちは 今回は、私が仕事の中でみつけた小さな楽しみを紹介します。 私は主に、封筒と名刺を印刷しています。 まず封筒は、紙の色の種類が多く、カラフルな所が見ていて少し楽しいです。 次に名刺は、稀に珍しい名前の方が

商品撮影 光と影

私は主に寝具の広告を制作させて頂いております。特に大変なのは、商品撮影なのですが、光の当て方次第で、その商品の表情は実に様々なものになります。大体は❸の順光で、商品の色がきちんと写るように、商品全体に光が回り込むように撮

次工程はお客様

製造業においてよく言われるのが、「次工程はお客様」です。 私共の商品部は正に、本当に「次工程はお客様」です。 最終工程の私たちが目を光らせて、良品をお客様にお届けしております。 ただ、時には最終チェックをすり抜け、お客様

今後の晃南印刷に向けて

私が印刷の現場の仕事に就いて、早いもので30年余り経ちました。 その間、印刷機械の性能も良くなり、今では簡単に印刷物が出来る様になっています。 しかし、時が経つにつれ、今までの大量に物を印刷する時代から、今はいかにお客様

5S活動 「KAIZEN」 に向けて

当社は今月より第63期がはじまり、「凡事徹底」を今期のスローガンとして実践しています。 その中でも製造業として重要な、ミス撲滅と効率アップのために5S活動が方針のひとつにあがっており 営業部ではまず倉庫整理を行うことから

縦目と横目

木材のように、紙にも目があるという事をみなさんはご存知でしょうか。 思い返せば学生時代。 配布された通知を折ってみると、何となく見た目がよろしくないものがあったような気がします。 これは用紙の目と折る方向が合っていなかっ