文字のこころ

チラシを制作する際、色々なフォント“書体”を選びながら制作します。 見慣れたゴシック体から力強い筆文字まで多種多様なフォントがある中、今でも根強い人気があるのが、お客様自らの手で書かれた「手書き」によるチラシです。 フォ

たむくま日記 その3

こんにちは、プリプレス部の田村です。 先日行った社員旅行は、山形の美しさと美味しさを存分に味わった一日となりました。 さくらんぼを一生分食べたような気がします。 おまけ:うちのことり コザクラインコという小鳥は、とにかく

wifi(ワイファイ)飛んでます。

インターネットを楽しむ際に皆さんはパソコンやスマートフォンなど使っているかと思います。 インターネットを閲覧する為に必要になるのが通信環境になりますがインターネットが世の中に出たての頃の通信手段は電話回線を使ってました。

76EM

商品部のエース機械ご紹介第2弾です。 ハッキリ言ってこの機械ががないと商品部は仕事になりません。 写真だけだと分かりづらいかもしれませんが仕上げの最終段階に活躍する断裁機です。最終工程に使用する大切な機械であり、断裁しな

印刷機について

プレス部の田中です。今回はわたしの担当しているPLEXTOR(通称サンオフ)を紹介します。 サンオフは小さいサイズの印刷に向いていて、主に名刺とハガキを印刷しています。1度に印刷出来る色数は1色ですが、数回に分けて印刷を

イルミネーション

印刷会社ですが、イルミネーションも取扱いしてます。 仕事とは、違いますが、今時個人の家でも簡単に出来ます。 我が家では、犬小屋の屋根がイルミネーションで光っています。 会社で本格的に色々とやってみたい方ぜひご相談下さい。

デザインその昔 その2

前回までのあらすじ・・・ デザインその昔 と・・・いう事で^^ パソコンのない時代に印刷物には欠かせない文字情報は写植(写真植字)という作業で行われていました。 これが写植に使用されていた文字盤です! この中から1文字1

記念事業

昨年から今年にかけて〇十周年記念誌の発行が増えています。 やはり手に取ってじっくりと過去の思いを振り返るには紙媒体としての記念誌が1番良い物かと 思います。新しい時代を重ねると共に、これからも末永く続いていくことでしょう
Hydrangea

紫陽花の季節になりましたね

校正ノート6月号でも紹介した、鹿沼市の磯山神社。 紫陽花が咲き始めましたよ。 私事ですが…… この季節になると、就学前に集団食中毒にかかったことがあるため食べ物に関して神経質なところがある、と両親から言われております。

VP-53

商品部のエースミシン機 この一台で色々な伝票、帳票、チケット等々にミシン(切り取り目)を入れてお客様の要望に応えています。 紙が相手なのでその日の状況によって多少の差はありますが、通ったり、通らなかったりと、またこれも楽