古い人から新しい人へ

技術を他の人に教えることほど難しいことはありません。

相手がどの程度理解しているのかを確認しながらの作業になるからです。

時には何日か前に教えたことまで遡ることさえあります。

でも、そんな偉そうなことを言っている自分でも、何十年前はその人だったのです。

先輩方に教わったいろいろなことが蘇ります。

先輩方も自分に対して我慢して、我慢して教えてくれたのだと思います。

なので、古い人は新しい人には我慢して、我慢して教えていきます。

それが教えることだと考えます。

商品課 喜多さん

1+