あなたの会社名のルーツ知っていますか?

新元号「令和」が発表されました。

出典は日本最古の歌集「万葉集」からとのこと。

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

選考過程では6つの原案「令和(れいわ)」「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」より、元号に関する懇談会を経て決定いたしました。

決まったばかりで今はピンと来ませんが、徐々に浸透していくものと思われます。

発表前は、特別番組が組まれたり、予想をしたりと大変盛り上がっておりました。

この元号発表の一連の出来事を見て、「名前」というものの持つ意味は非常に重要であると改めて思いました。

話は変わりまして、「株式会社 はじめの一歩」という会社名を聞いて何をする会社だと思いますか?

実はこの会社、介護施設などを運営する会社だそうです。

この名前、大変インパクトがあり、何の会社か知りたい、どんなルーツでこの名前になったのか知りたいと思った方も多いと思います。それだけ会社名の持つ意味は大きいと思います。

この機会にあなたの働いている会社名の出来たルーツなどを調べてみては如何でしょうか。

思わぬ発見があるかもしれません。

 

 

最後に、私は、昭和・平成・令和の3つの時代を生きていけることを非常に光栄に思います。

これから元号が「令和」に変わってもお客様は神様です。共に頑張りましょう。

 


商品課/まるきん

1+