開花発表

暖かくなり春になってきてるんだなと感じる今日この頃
この記事を書く少し前に東京の桜の開花発表がありました
今年は平年より5日ぐらい早かった模様です

開花発表は気象台が基準木としている靖国神社の桜・・・こちらは樹齢80年ともいわれてる老木
この木に5~6輪以上花が咲くという基準が2003年からできたとのこと
2003年となると最近・・・ではないにしろそこまで古くはないのではという印象を受けますが
2002年以前の基準は「数輪以上咲いたら開花」とのことでした
より具体的な数字を入れたんですね
このきっかけが2002年の記録的な早咲きにあったようです

当時、東京では観測史上最も早い3月16日に開花したようです
(気象庁による開花発表は1951年『昭和26年』から行っていたようです)
開花が早かったため予想が追い付かなかった、そして何輪咲いたら開花なのかと問い合わせが相次いだそうです
そのため基準を5~6輪と明確にしたとのことでした
ちなみに満開の基準は今も変わっておらず花芽の約80%以上が開花した状態をいうそうです

桜が満開したとなったらやはりお花見ですね!
昼間からお酒を飲んだりと楽しめる時でもあります
現在職場では風邪などは収まってきましたが、体調管理に気を付け
盛大にお花見を楽しめるよう注意していきます。

追記 28日、宇都宮も開花の発表がありました。
   平年より4日早く、昨年より2日遅いということです。

印刷課 小山

1+