季節を感じるお仕事

皆さんこんにちは。今回は、季節を感じるお仕事について書きます。

12月になりましたね。年末が押し迫ってきたこの時期、私はいつも今年が終わってしまう!!という驚きと恐怖に嘖まれます。職場で話していても、皆さんそんな感じなので、大人になってからの加速度的な時間の早さは“大人あるある”なのではないでしょうか。

思えば、学生の頃は季節に合わせて行事が目白押しでした。春は遠足、夏はプール、夏休み…、秋は文化祭や運動会。小学生の頃は写生大会や芋煮会(学校の畑で芋を育て収穫し、煮たり焼いたりする魅惑的なイベント)なんかもありました。冬は…何だっけ?今と比べると、小さな頃はクリスマスやお正月もとても楽しみでした。

 

今となっては季節を感じる事柄は子供の頃に比べるととても少なくなりましたが、日々のお仕事の中で季節を感じることがあります。

 

 

 

10月・11月になると頂く、とある冊子の原稿。こちらは奨学生の1年間の体験・活躍の報告などを主にまとめたものなのですが、私の中で毎年楽しみにしている仕事のひとつです。数ヶ月間に及ぶ長丁場のお仕事となるのですが、学生さんの活躍も興味深く、本になった時の達成感もひとしおです。

こちらの原稿を頂く頃、秋の気配も深まり、またこの季節がやってきたなぁと感慨深くなる季節なのです。

 

今年もこのお仕事に携われることに感謝して、取り組んで行きます✧٩(ˊωˋ*)و✧
皆さんにも季節を感じるお仕事はありますか?

デザイン部 かっしー

2+