テンションは上がらない

気持ちが高ぶってきた時に「テンション上がる↑↑↑」とか

異常に元気な人を見た時に「ハイテンションだなぁ〜」とか

日本では、気持ちの「上がり、下がり」を表現する時につかいますが、英語での「テンション」は、緊張感や張り詰めた状態を表す時に使うのが正解です。

間違いやすいといえば、「和製英語」!カタカナ表記だとツイ英語と思ってしまいがちですが、本当はその言葉、英語圏では通用しないのですよ。

      日常にあふれている「和製英語」

    日)ホッチキス   英)ステイプラー
    日)ノートパソコン 英)ラップトップコンピューター
    日)ボールペン   英)ボールポイントペン

    日)ガムテープ   英)ダクトテープ
    日)シャーペン   英)メカニカル ペンシル
    日)コンセント   英)アウトレット、ソケット
    日)ソフトクリーム 英)ソフト・サーブ
    日)シュークリーム 英)クリームパッフ

数え上げればきりがありません。

ちなみに、私の様な女性会社員を「OL」と呼びますが、これも和製英語! 日本では「OL」や「サラリーマン」と男女で呼び名が変わりますが、英語では「オフィス ワーカー」と男女で呼び名を変えることはありません。わざわざ男女で差をつけるところが、なんとも日本人ぽいですよね。

デザインをしていると「ん?」と思う表現を目にすることがありますが、私の制作物をみて、英語圏の人々は「ん?」と思っているのでしょうか・・・

デザイン部 93

1+