今どきの撮影って・・・

今は誰でもどこでもシャッターチャンスがあれば「カシャ」と撮影ができてしまいますね。そう・・・皆さん携帯を常にお持ちです。最新のスマホのカメラ機能はデジカメ並みそれ以上になっていますのでカメラはスマホがあれば充分と思っている方も多いのでは。

我々も仕事として撮影をさせて頂くことも多々あり難易度でプロカメラマンに依頼することや自分達営業自ら撮影することもあります。基本的にはスマホではなく一眼レフのデジカメで撮影します。ひと昔前はフィルムでしたのでカット数も限られ、慎重にシャッターをきっていました。今はデジタルデータが成果品となりソフトやアプリを使えば画像修正も簡単にできますね。

ただカメラの性能が向上したとはいえプロのカメラマンと比べた場合、機材にしてもセンスが違いますから同じ被写体を撮ったとしても仕上りが各段に違います。特にその差が表れるのが商品や料理の写真です。

並べ方やアングルなど、どのアングルから撮れば購買意欲が高まるか食欲をそそるか。その決め手がライティングなのかと思います。ライトをあてると反射もすれば陰影も出ますのでその加減や角度で奥行感を出したり、艶を出したりとそれがプロとアマの違いなのかと。

次回は自分が撮影する時に何を注意するのかを書きたいと思います。

営業本部/大島

 

0