紙の目を知って加工上手に!!

紙の用紙には、タテ目・ヨコ目があります。

ミシン入れ・加工品などは、加工内容によって紙の目を指定しています。

紙の目を指定することにより、加工のしやすさはもちろん、お客様が使用する際に使いやすさが違ってきます。

以前、紙の目を間違えてミシン目を入れてしまったことがあったため、それを教訓に今では紙の発注の際に後加工や使用条件を考慮し紙の発注を行っています。

晃南印刷(株)では、お客様にわかりやすい様に下記の内容のコメントを添えて出荷をしています。このコメントを添えたことにより、お客様から今までより紙がスムーズに切れるようになった、コピー機に紙が詰まらなくなった等、お褒めの言葉を多数いただいております。

今後も引き続き、「お客様目線」を心掛けてより良い商品を作り続けていきます。


商品部/まるきん

0