寝床内気象


日本睡眠科学研究所様が解明した「寝床内気象」。

「寝床内気象」とは体と寝具の間の“空間”の温度や湿度のことを言うそうです。その理想的な寝床内気象条件は、温度が33±1℃、湿度が50±5%(RH)だそうです。
なお、その理想的な寝床内気象条件をつくるには、季節や室温に応じて掛けふとんや毛布などを使い分けることが大切だそうです。

たとえば、室温5℃前後の寒い部屋では「羽毛掛けふとん」と「真綿掛けふとん」を組合せる。室温10℃前後だったら「羽毛掛けふとん」と「毛布」、
室温25℃前後の暑い時期だったら「綿毛布」か「タオルケット」で。(西川産業様のサイトより)
と言うように、季節に合わせて寝具を変えることが、理想的な寝床内気象条件をつくるそうなので、寒いからといって、たくさんふとんや毛布を掛けただけでは、逆に暑くて眠れないなんてこともあります(私は経験済みです)ので、この「寝床内気象」をよ〜く考えた寝具選びで、ぐっすり眠れる「快眠生活」を送りましょう。

デザイン部 shirohi

0