面付け作業で気をつけている事

 

 

 

 

 

CTP出力担当の上田です。
(CTPとは Computer To Plate の略で、コンピューターから印刷用の板を直接出力する機械)
面付け作業(データを複数面、紙に張り込む作業)をする時に一番気を付けている事があります。
それは、商品のサイズを入力する所です。
規格サイズのA4やB5等は、面付けソフトに設定がありますが、変わったサイズの場合は数値を入力しなければなりません。
その際に、たった1ミリ狂っただけでも問題になるため、入力直後・版出力直前・版出力後の3度確認をするようにしています。

デザイン部/上田哲也