スーパー・ブルー・ブラッドムーン

1月31日の月食は皆さん見られましたか?私は寒い中スマホで撮影をしてました!
ですが、スマホなのでどう設定しても写りが物足りなく、がっかりな結果に終わってしまいました・・・
望遠鏡とかカメラの購入を検討しなくては・・・(´;ω;`)
今回の月食はいろいろ重なる現象が多く、スーパー・ブルー・ブラッドムーンなどと呼ばれました。
ひと月に満月が2回訪れる現象をブルームーン、月が地球に接近した際に
見られる月をスーパームーン、皆既月食のときに見られる現象をブラッドムーンといいます。
この現象は35年振りということなのでとても貴重な日でした!

さて、重なるということで今回は黒色のお話。
印刷するときの黒(墨)ですが、黒のみの単色と黒以外の3色(藍、紅、黄色)も合わせた
4色の黒だと色合いがまったく違ってくるということを知りました。

自分の感想ですが、4色の黒ですと光沢や深さがある黒色でした。
違う機械で宇宙の絵を印刷しているときに見てとても驚いたのを覚えています。
宇宙ですと見た感じ黒っぽいというだけに思われますが、恒星によっては赤かったり青かったり、
太陽の光を表す際などいろいろな色を使ってます。4色の黒を使うことによって
恒星や、太陽などをきれいに出し、吸い込まれるような色合いが出せるんだなと思いました。
印刷のご相談などありましたら、是非当社までお気軽にどうぞ!

印刷部 鈴木