LightroomとPhotoshopの違い

みなさん、こんにちは。
今回は、現像処理ソフトのお話しを簡単に…。

写真・画像の処理ソフトは〔カメラメーカー純正ソフト=Nikon:Capture NX-D, CANON:Digital Photo Professional …等々〕や〔サードパーティー製現像専用ソフト=市川ソフトラボラトリー:SILKYPIX …等々〕など様々なものがありますが、有名なのはAdobe謹製のLightroomとPhotoshopではないですかね。

Adobeというと〔高い!〕とか〔仕事人専用〕という印象をお持ちでしょうが、写真を生業にする人、写真を愛する人がこれだけ増えた時代に応えて、Adobeさん、月々980円(税別)【フォトプラン( Lightroom + Photoshop)】なるものを提供してくれています。
アタシも、自宅でもこのプランで写真を楽しんでいる次第です。
※ご注意:自分、かなり〔Lightroom推し〕です…

さぁ、そろそろ本題に…。

LightroomとPhotoshopの違いは何か? ざっくりと書いてまいりましょう。

Lightroomは【写真管理・現像】、Photoshopは【画像編集・加工】を対象としたソフトです。

Lightroom

  • 複数写真を効率的に取り込み
  • 写真にフラグ〔目印〕を立てて、手軽に取捨選択
  • 豊富な機能によるRAW現像

Photoshop

  • 画像を自由自在に編集
  • レイヤー機能を使っての編集・加工
  • 文字入れ、他の画像などの合成

…なんて違いが判りやすいですかね。

LIghtroom 読込み画面

Lightroom 読込み画面

LIghtroom 現像画面

Lightroom 現像画面

仕事的見方をすると、【大量の撮影写真、入稿写真の処理効率】は優秀な管理機能を持つLightroomの方が圧倒的に有利です。

膨大な撮影写真をLightroomに取り込んで使う写真を選択して、現像設定(あらかじめ基本的設定は作っておくことが出来ます)を一気に適用。さらに、追い込みを掛けたい写真には個別に現像処理を施し、書き出して完了。

書き出された写真に、Photoshopでさらに加工・編集を施す…という流れになりますよね。

最後に、DTPに携わる人たちにはどちらも必要です。

Lightroomの【写真管理・現像】とPhotoshopの【画像編集・加工】というそれぞれの得意技を活用して、早く仕事を終らせ、一緒に写真を撮りに行きましょう!
写真って楽しいですよ!!!!!!

重要:確実な現像を施すためにはキャリブレーション機能を搭載してあるモニターを使い、正確なキャリブレーションが反映されていることが必須。

追記:
2017年10月、LightroomがLightroom Classic CCとLightroom CCの2種類に大きく変わりました。

Lightroom Classic CCは、従来のデスクトップ版Lightroom CCの後継バージョン。

Lightroom CCは、撮影した写真をすべてクラウドにアップロードして、デスクトップでもスマホでも、タブレットでもいつでも好きなときに、同じ条件で編集可能。(Lightroom mobileをデスクトップに移植したものなの??)

両者の違いは彼方此方のサイトで紹介されているので、検索してみてください。

企画開発室/矢口