【超初心者向け】Illustratorイラスト講座

こんにちは、たむくまです。

今回は、Illustratorでイラストを描くとき

どんな風に描いているか、

ちょっとだけ紹介いたします。

 

 

 


①なんとなく下書きを描きます。

 

 


②いろいろやって、完成です!

 

夜の街をさまよう、かなしいくまのイラストができあがりました。
下書きからは予想もつかない仕上がりになったと思います。
Illustratorは、絵を描くときにとても便利なツールです。

 

 

 

 

 

以下に「いろいろやる」部分をすこし解説いたします!




①紙とシャーペンでこんな下書きを描きます。

 

 


②スキャンした下絵を元に「ペンツール」を使って、りんかくから線をおこしていきます。

 

 


③気のむくまま、なぞりましょう。

 

 


④なぞりおわります。

 

 


⑤とりあえずこんな感じになります。

 

 


⑥ここで「線幅ツール」を使います。

 

 


⑦線幅ツールはその名の通り、線の幅を自在に変えることができます。

 

 


⑧線にメリハリができると、イラストに雰囲気が生まれてきます。

 

 


⑨色を好きなように塗って、出来上がりです!
Illustratorは、慣れるとすいすいイラストが描けるようになります。
とっても楽しいので、挑戦してみてくださいね〜!

 

 


▲下絵と比較するとこんな感じです。

デザイン部 田村