四六判(しろくばん)

印刷会社にいると毎日あたりまえに話しているけれど

他業種の方には、なにこれ?という言葉があります。

 

紙の大きさの規格 “しろくばん”

(”よんろくばん” ではありませんよ)

江戸時代以前から、尾張の美濃で漉かせた紙は、

1尺3寸×9寸(393mm×273mm)で有名でした。

これが、明治維新になって全国的に流通し、

「美濃判」が日本の標準判となり

「四六判」の原点といわれています。

 

明治時代にイギリスから輸入した「クラウン判」が、

ちょうど「美濃判」の8倍の大きさだったことから重宝され

「大八つ判」と呼ばれて普及しました。

 

印刷技術が一般化され、「大八つ判」が多くの出版物にも用いられるようになりました。

32分割に断裁すると、ちょうど横4寸×縦6寸(4対6の大きさ)の書物になったことから、

いつしか「大八つ判」が「四六判」と呼ばれるようになったといわれています。

 

 日英合作での命名となりました 

 

ちなみに四六判はB判より一回りおおきいサイズなので、B判の印刷物に使われます。

最近は、A判が幅を利かせているため出番が少なくなったかもしれませんが、

読書が好きな方は、単行本など四六判の出版物と接する機会が多いかもしれませんね。

 

ウッ!電子書籍派ですかぁ。

たまには、紙に触れて、紙の香りをかいでみませんか?

エッ?それより、自分で本を出版したい?

それなら、晃南印刷かぬまっこ出版におまかせあれ。

http://ko-nan.co.jp/kanumakko/

 

利益・生産管理室 よしやま