今日は、栃木県民の日です。

1871(明治4)年、廃藩置県によって江戸時代の藩が廃止され、
新たに行政組織として県が置かれることになったわけですが、
その際、宇都宮藩は宇都宮県となり、のち再編で他4県と統合し、
下野国北部に改めて宇都宮県ができました。
同様に、下野国南部には栃木県が設置されました。

この宇都宮県と栃木県が、1873(明治6)年6月15日に合併、
現在の栃木県となったのですね。
県庁は栃木町に置かれましたが、11年後に宇都宮町に移りました。

♪栃の葉の 風さわやかに〜
栃木「県民の歌」
小学校で、よく歌いました。お蔭で、今でも歌えます。
全国的にも県民の認知度が高い県民歌と言われているそうです。

 

デザイン部 中里