夏かぜ

かぜは、冬にかかるものと考えがちですが、ウィルス感染症があり、これが一般的な夏かぜです。
夏かぜのウィルスは、高温・多湿を好むので、梅雨時から夏にかけて流行します。
代表的な症候は、ヘルパンギーナ・手足口病・プール熱があります。

対処法は、自分が持っている免疫力を高めてウィルスが排除されるのを待つしかありません。
それには、安静を保ち栄養と水分を補給してください。

予防法は、ウィルスに接触しないようにして下さい。
また、手洗い・うがいがやはり基本です。
十分に栄養と休養をとることが一番です。

営業部/廣田