印刷機にセットするインキの順番について

印刷する際に使用するインキをどのような順番でセットしていくのか?を紹介していきます。

私が担当している4色機は、スミ(黒)、シアン(青)、マゼンタ(紅)、イエロー(黄色)の
順番から成り立っています。

一般的なカラー印刷物は、藍(シアン・C)紅(マゼンタ・M)黄(イエロー・Y)墨(クロ・K)の
4色のインキを使って表現されています。
藍(シアン)紅(マゼンタ)黄(イエロー)の濃度を調整することにより、さまざまな色で
印刷することができます。それぞれを100%の濃度で刷り合わせると理論上は黒になるはずですが、
実際にはインキの発色の限界や印刷用紙のインキの盛り等の問題で純粋な黒にはなりません。
それをおぎなうために別に黒のインクを使用することで、フルカラーを表現しています。

印刷業界では一般にこの4つのインキを4原色とし、C・M・Y・Kと表しプロセスカラーと呼んでいます。

印刷部/D・K