台風について思うこと。

typhoon1

今年は台風が多いようで連日、その話題を聞かなかった日はなかったような気がします。

思い返せば、強い風が吹いて楽しかったり、学校がお休みになったりと、ちょっとしたイベントのように台風を感じていた子供時代でありました。しかしながら、横風に車があおられそうになったり、交通網がストップしてしまったりと、その厄介さを身を持って知ってしまうと、来て欲しいと願っていたあの頃とは大違いで、何だか老けこんでしまったような心持ちになります。

そのように様々な所へ影響を与える台風ですが、意外にも屋内である印刷場でも同じなのです。

typhoon2

大雨が降るなどして湿度が上がってしまうと、用紙が水分を吸って歪み、機械を通りにくくなってしまいます。逆に湿度が低すぎても、紙同士の摩擦で静電気が生じ、スムーズに進まなくなってしまいます。

また、インクの乗り具合も湿度や気温に左右されます。

印刷機を回すことは一見簡単そうに思えますが、実際にやってみると中々に奥が深い世界なのです。

プレス部/K・T

0