真夏の祭典

今年の梅雨は雨が余り降らず、気がつけばいつの間にやらと日射しの厳しい時分になってまいりました。まるで一足飛びに夏へとなってしまったようで、グラウンドにこだまする白球の音をなどを聞きますと、そうした思いがより一層と強く感じられます。

早くも冷房器具の前から離れられないような情けない日々が続く中、去る10日の日曜日、栃木県では高校野球の県予選大会が開幕いたしました。

弊社とも直接お付き合いのある鹿沼市内の高校様も出場されており、今年は母校だけではなくそちらにも注目していこうかと思っております。
長く厳しい戦いの続く県予選ですが、是非とも高校球児の皆さんには、甲子園という夢の舞台に向け、最後まで諦めずに頑張って欲しいと、元球児が応援しております。

index

プレス部/K・T