鹿沼秋まつりと彫刻屋台カレンダー

2016年12月1日、「ユネスコ無形文化遺産」に登録され昨年も大いに盛り上がりましたが、
今年は登録3年目で26台の屋台が出そろい、より一層盛り上がりますので、
ぜひ、10月12日(土)・13日(日)開催の「鹿沼秋まつり」へお越しください。

鹿沼の彫刻屋台(市指定文化財:14台)は、
江戸時代から大正・昭和・平成にかけて製作されています。
近年、屋台の傷みが激しく、特に車輪・骨組み等については、
毎年どこかしらの町内で修理・取替が行われているのが現状です。

また、当番町(1番町:24年~40年に1度回ってきます)になると彫刻を増やす町内も
ありますので、また新たな発見ができます。

「鹿沼秋まつり」に来られない方は、
鹿沼商工会議所様(毎年弊社で印刷をさせていただいています)が販売しているカレンダーで、
絢爛豪華な屋台をお楽しみください。
今年も、来年の新カレンダーが発売されました。
早めのご購入をお願いします。

昨年弊社で発行した、
市制70周年を記念しての「鹿沼秋まつり 記念写真集2018」も好評販売中ですので、
併せてよろしくお願いします。

営業部 廣田

0