増税に向けての準備

2019年10月より消費税の増税に伴い軽減税率制度が施行されます。

これによって税率ごとに区分した経理処理が必要となるため、請求書や領収書などの伝票類の様式が変更となり、1枚の伝票に8%と10%の2税が混在するようになります。

お客様の事例でご説明すると

・飲食店 お土産代(8%) 飲食代(10%)

・食品販売店 食料品(8%) 保冷剤・送料(10%)

・果物園 果物代(8%) 入場料(10%)

・酒屋 ノンアルコールビール・水・氷(8%) 酒類(10%)

※酒税法に該当しないみりん風調味料は8%

等々、調べれば調べるほど対象区分が非常に分かりにくいです。

当社では現在使っている帳票のリニューアルや、仕様の変更等にアドバイスや事例紹介もできますので、既製品をご使用の方はこの機会に自社のオリジナル伝票を作成してはいかがでしょうか?

 

営業部 岡崎

0