http→httpsへの変更

最近、URLの表記が
httpからhttpsへと変わっているのが目につきます。

校正時に会社のURLを確認すると、
こうした変更がなされているので、
赤を入れる機会が増えています。

どういうことなのか調べてみると、
sは secure(安全な)のことで、
より安全性が高まっているとのことでした。

httpとの大きな違いは、
通信内容が暗号化されていること。
そのため、Web情報のやり取りに安全性が保たれます。

また、SEO対策—検索したときに自社サイトを多く露出させる—
にも有利とのことです。

デザイン部 中里

1+