記念事業

昨年から今年にかけて〇十周年記念誌の発行が増えています。

やはり手に取ってじっくりと過去の思いを振り返るには紙媒体としての記念誌が1番良い物かと
思います。新しい時代を重ねると共に、これからも末永く続いていくことでしょう。

記念誌のことなら当社にお任せ下さい。

営業部/廣田

0