人生100年!!

平成31年4月から働き方改革関連法が施行された。
私にとって働き方改革とは、日常の積み重ねが人生を決め幸せをもたらすものと思う。

現に直面していることは、会社に従業員の年次有給休暇5日間を義務付けていることだ。しかも、違反すれば1人あたり30万円の罰金と罰則規定付きだ。

古い話で恐縮だが、有給休暇は1年勤続で6日間という時期。有給休暇を取らなければ皆勤賞が手当てとして付いた時代だ。そんな訳で使うことはほとんどなかった。仕事が好きだったのか休んでもやることがなかったのかは記憶にないが・・・。

しかし、昨今、従業員の年次有給休暇取得が5日間に満たない人の割合が16%に上る会社もあるのが現実だ。

労働関係法が変わっても、働く環境が変わらないのか、働く人の意識が付いていかないのかは不明だ。

働き方改革関連法が施行された今、それぞれの家庭の平和のためにも働き方改革は意識改革につながって欲しいものだ。

総務部 彦座

0